ハンドメイドでクラウドファンディングを予定してます。

 

ハンドメイドでクラウドファンディングを予定してます。

 

クラウドファンディングとは不特定多数の人に、商品作成の支援(先行販売の予約)をしてもらうコンテンツのことです。詳しい説明は↓の方でします。

 

今回の商品は手染めの商品ではなく普通の本革になりますが、アイズレザーさんのプレグレという革で、焦げ後のようなランダムの色ムラとマットなサラサラ感が特徴の革です。

 

質感や色合いがかなり好みだったので遊びで色々と革小物を作っておりました。

 

こちらの革でテスト的にクラファンをしてみたいと思います。

 

 

 

 

 

クラウドファンディングとは?

 

 

クラウドファンディングというやり方はまだ新しく、日本では2013年頃に開始されたコンテンツです。

 

クラウドファンディングにも細かく言うと4種類ほどタイプがありますが、省きます・・・!

 

私のように物を売る人には4タイプの内の1つ【購入型】タイプが当てはまります。

 

【購入型】とは簡単に言うと、「こんな商品を作るので、欲しい人いませんか?」とクラファン利用者の人たちにあらかじめ告知することができます。

 

そこで欲しい人がいれば先行予約という形で支援してもらい、先に資金を集めて作った後に支援者に配るという仕組みです。

 

誰も欲しい人がいなければ作る必要がないので、売れる商品と売れない商品のデータを集めることができます。

 

「まだ世に出回っていない商品」、「珍しい物」、「コンセプトだけでまだ存在しない物」、商品だけでなくサービスなども色々あるので見るだけでも面白いです。

クラファンサイトで有名なところで言えばキャンプファイアマクアケなどがあります。

 

他にも100社以上あります。

 

 

 

何故クラウドファンディングなのか。

 

 

実はこの商品たちは約20種類x3カラーほどありまして、「Creema」「minne」「手作りイベント」ではすでに販売しておりました。

 

ただ、手染めの商品とはあまりにもイメージからかけ離れている為、良く言えば無難ですが、悪く言えば普通すぎるのです・・・。

 

客層も違う上に当店の持ち味の手染めではありません。

 

メインのショップページでは染色メインの商品で世界観をだしておりますので、お客さんを混乱させないよう別のサイトで出品しております。

 

でもほとんどの人は個性的な手染めではなく、普通の革製品を好むと思っておりますが、やはり似た商品であふれかえっております。

 

そうなるとまず見られることがありません。

 

そこで思いついたのが「クラウドファンディング」で、いったいどれだけの人に需要があるのかをテスト的に行うことにしました。

 

 

本来であれば材料を先に購入し、商品を作ってネットショップやイベントで売ります。

 

クラファンであれば、一ヶ月間で先にまとめてオーダーを受け、資金を集めてから一気に作ることが可能になります。

 

簡単にまとめると、「売る前に材料費を回収できる」「在庫リスクがない」「まとめてオーダーを受けれる」「失敗してもデメリットなし」「多くの人に告知ができる」「資金が目標金額に達しなくても希望者にだけでも販売ができる設定がある」とハンドメイド作家にとっては理想のコンテンツですが、私の知る限り何故かクラファンを使っている作家はかなり少ないです。

 

クラファンの売り上げの10%〜20%は手数料として取られますが、そのぐらいの手数料ならメルカリ、minne、creemaでも取られます。

 

私自身、まだやったことがないので思わぬ落とし穴があるのか、クラファンの存在を知ってる人が少ないのかはわかりませんが一度試してみようかと思います。

 

 

予定ではゴールデンウィーク明け(クラファン運営がお休みの為)5月上旬ぐらいに1ヶ月間募集できればと思っております。

 

もちろんショップページで買うよりもお得になるように設定します。(送料無料+おまけ商品など)

 

気になる方は是非覗いてみてください。 →こちらのページ (5月8日前後から見れます)

 

テストも兼ねてるので、もし成功すれば他のメイン商品も出していこうと思ってます。

 

何も報告がなければ察してください(笑)

 

 

 

【革工房 Maju T works】

 

 

 

 

 

 

 

 

-----
1